梶原しげる もっとドジって!!それを仲間や友達に話すことが大切

banner02
ドジる いいため話
画像:ixil.info

慕われる経営者、上司、頼りになる先輩たちを思い浮かべてください。

いずれも尊敬すべき点がいくつも思い浮かんでくる一方で、微笑ましい「ドジな話」がいくつか浮かんできませんか?

何も「偉い人」に限ったことではありません。

同僚、仲間、友人だって「人に弱みを見せない」「完璧であることにこだわり続ける人」は「なんだか疲れる」と人は近づいてこないものです。

初対面なら、なおさらそうです。

「一分の隙もない」「揺るぎがない」「人に弱みを見せない」

こういう「完璧な人」と友だちになりたい」「また会いたい」と思うでしょうか?

むしろ「変なことを言ったら馬鹿にされるかも…」「間違ったことを言ったら、糾弾されるかも」と疑心暗鬼になりませんか?

「お近づきにならないほうが無難だ」と思ったりしませんか?

「自分は努力家で優秀で、間違ったことは一つも言っていないのに、なぜか人が集まってこない。ところがアイツはドジばかりしているのに、周囲からも上司からも愛されているようだ。納得がいかない、グヤジー」

「優秀でまじめに」は大きな利点です。

そのすぐれた才能を今後も大いに磨くべきだと私は思います。

ただしその優秀さ、まじめさゆえに、「他人が近づき難い空気」を発していて「損をしている」なら、もう一工夫が必要です。

それが、「ドジから話す」という技です。

人は「強み」と一緒に「弱み」もためらうことなく披露できる人を好む傾向にあります。

「強みも弱みも上手に表現する人」を心理学的には「自己開示のできる人」と言います。

「ドジから話す」とは「適切な自己開示をする」につながるキーワードです。

上司、先輩、同僚、後輩から、もっと気軽に声をかけてもらえないだろうか?

取引先との関係をもっとスムーズにできないだろうか?

私が意識してやっているのは、自分のドジな話、だめな話、ちょっと不幸な話を日ごろからストックしておくことです。

「ドジ話の貯金」、いわば「ドジバンク」をつくるのです。

ちょっとした言い間違い、勘違いから、仕事上や子育ての失敗談、飲み会での失態、貧乏ネタ、健康やダイエットの話…。

日頃のいろいろな場面で「うわ、やっちゃった」「とほほ」と思うことがあったら、「ドジバンクに入れるものが増えた」と思って、ネタにしてしまうのです。

『「ドジな話」をしなさい』

梶原しげる 著

サンマーク出版