小田島雄志 失敗談をすれば笑ってもらえるとはかぎらない。

banner02
ユーモア いいため話
画像:http://gahag.net/

自分を意識的におとしめてユーモアを感じさせるのは、ある意味で楽な行為である。

自分がばかであるふりをすれば、相手は優越意識をもちうるし、優越感をもてば、ベルグソンの説によれば、笑うことができるからである。

だが、しくじるとみじめな思いをすることになる。

たとえば、失敗談をすれば笑ってもらえるかというと、そうとはかぎらない。

名文家と言われる人が、つい字を一つまちがえた話をすれば「弘法にも筆の誤り」とフォローしてもらえるが、いつもセリフをトチッている役者が、今日もまたトチッちゃった、と言えば、荷物をまとめて故郷に帰れ!とどやされるのがおちである。

気をつけなければならないのは、自分のダメなところを見せるとき、謙虚な、それでいて余裕のある姿勢をもってのぞむべきであって、卑屈な、卑下するような態度を見せてはならない、ということである。

拙訳のある劇の上演が決まった時。

キャスティングの段階で演出家はヒロインの友達の役をAにするか、Bにするか、迷っていた。

結局、発表になったのを見ると、Bになっていた。

彼に理由を訊ねると、次のように説明した。

AとBを別々に呼んで、同じ質問をしたところ、大事なシーンで一曲歌ってもらうことになるがうまく歌える自信はあるか、という問いに、Aは、「うまく歌える自信なんてありません」とうつむいて答えたのに、Bは、「うまく歌える自信はありません、が」と頭をあげて、「歌う人の気持ちを伝えることならなんとかできるかもしれません」と答え、さらにちょっと胸を張って、「女優ですから」とつけ加え、ニッコリ笑顔を見せた。

「そこでおれもつらてニッコリしてしまったんだよ」とのことである。

『ユーモアの流儀』

小田島雄志 著

講談社