人が必死に取り組んでいるのに、心ない言葉を浴びせてませんか!??

banner02
心無い一言 いいため話
画像:ikejo.net

大隈でも板垣でも、民間にいたころには、人のやっているのを冷評して、

自分が出たらうまくやってのけるなどと思っていたであろうが、

さあ引き渡されて見ると、存外にそうは問屋が卸さないよ。

いわゆる岡目八目(おかめはちもく)で、

他人の打つ手は批評できるが、さて自分で打ってみると、なかなか はたで見ていたようには行けないものさ。

_______

「勝海舟 修養訓」

石川真理子 著

致知出版社より