当たり前ですが「自分がされてイヤなことは、他人にはしない」

banner02
嫌なこと いいため話
画像:http://gahag.net/

『人の小過(しょうか)を責めず、人の陰私(いんし)を発(あば)かず、人の旧悪を念(おも)わず』(菜根譚)

「小過」とは小さな過ちのこと、「陰私」とは人に知られたくないこと、そして「旧悪」とは過去の悪い行いのこと。

他人に関するこの3つは、なるべく触れず、ことさらに糾弾しないことが、人徳を高めるうえで大事であると、『菜根譚』は説いています。

想像してみてください。

あなたの些細な行動を、いちいち他人に咎(とが)められたらイライラしませんか。

知られたくないプライベートを暴露されたら、不快に思いませんか。

とうに終わった過去の過ちを掘り返されたら、腹が立ちませんか。

誰だって、そんなことをされるとイヤですよね。

「己の欲(ほっ)せざる所は人に施(ほど)す勿(なか)れ」

と孔子も説いていますが、自分がされてイヤなことは、他人にしないようにするのが賢明でしょう。

他人の恨みを買って得することは一つもないどころか、損でしかないということをよく覚えておきたいものです。

『菜根譚の教え』

守屋洋 著

宝島社