会話はここから生まれる

会話

相手があなたの話にとまどったり、納得していないようなら、

さらに強く言ってみたり、別の言い方をしたりするよりも、

むしろ相手がその話をどのように見ているかきいてみるといい。

一般的にはこうした場合、

おそらく心強さを感じたいという理由から、同意を求めたくなるだろう。

「これは理にかなってますよね?」「そう思いませんか?」

だが、それよりも、

相手がどのように違った見方をしているかをきくほうが効果的だ。

もし同意を求められれば、相手は自分の疑いや留保の気持ちを伝える気になりにくいかもしれない。

口では「ああ、そう思うよ」といっても、じっさいには、

「ああ、君のようにねじ曲がった考え方をするならね」

と思っているかもしれない。

相手がどのように違った見方をしているかはっきりたずねれば、

向こうのほんとうの反応を知る見込みは高くなる。

そこから本当の会話をはじめることができる。

出典

[言いにくいことをうまく伝える会話術]

ダグラス ストーン, シーラ ヒーン, ブルース パットン 著

草思社 より