本を読む人だけが手にするもの

読書

「成熟社会」については、これまで講演でも書籍でも繰り返し言及してきた。

長年にわたって同じことを言い続けているのには、れっきとした理由がある。

日本はすでに成熟社会に移行して久しいというのに、それを現実のものとして理解している人がとても少ないからだ。

私は、この成熟社会というものに対する理解がないまま、読書の意味を考えることはできないと思っている。

それはひと言でいえば、20世紀型の成長社会が象徴する「みんな一緒」という時代から、21世紀型の成熟社会が象徴する「それぞれ一人一人」という時代に変わったのである。

電話の変遷を考えるとわかりやすい。

かつて、電話は一家に1台置かれた状態が常識だと考えられてきた。

電話機自体の進化とともに親機を中心に子機が増えていくが、電話回線が一家に1本という「みんな一緒」の固定電話であることに変わりはなかった。

ところが、バブル崩壊とともに大きく変化が起こった。

1993年に1.4パーセントだった携帯電話の普及率は、1998年には25パーセントにまで急上昇した。

その後に見せた急速な普及は、みなさんが実際に体験したとおりである。

「みんな一緒」の固定電話から、「それぞれ一人一人」のケータイ電話になってきたことが、時代の変化を如実に表している。

「みんな一緒」の時代には、日本人にはパターン化した幸福論があった。

日本人が共通の正解として持っていた「みんな一緒」の幸福論だ。

お父さんやお母さんや先生の言うことを素直に聞いて、「早く」「ちゃんと」正解にたどりつける「いい子」にしていると、「よい高校」や「よい大学」に入ることができる。

「よい大学」に入ることさえできれば、上場企業や有名企業などといったいわゆる「よい会社」に入れたり、安定した公務員になったりすることができた。

そこにどうにか潜(もぐ)り込むことができさえすれば、少なくとも課長くらいにはなれて、それなりの金額の年収を手にすることができた。

よほど大きな問題さえ起こさなければ、定年まで勤め上げることができる。

そうすると、まとまった金額の退職金を手にすることも可能だ。

これが、20世紀型の成長社会における典型的な日本人としての幸福論だった。

こうした「共同幻想」を、みんなが一緒になって追い求めていた時代なのである。

しかし、成熟社会になると、ただやみくもに頑張っているだけでは「みんな一緒」の幸せをつかむことはできなくなる。

成熟社会では、「それぞれ一人一人」が自分自身で、世の中の流れと自らの人生とを鑑(かんが)みながら、自分だけの幸福論を決めていかなければならない。

それぞれ一人一人が自分自身の幸福論を編集し、自分オリジナルの幸福論を持たなければならない時代に突入したのである。

「それぞれ一人一人」の幸福をつかむための軸となる教養は、自分で獲得しなければならない。

そのためには、読書が欠かせないというところに行き着くのだ。

親が教えてくれるのは、親の生き方であり、親のやり方だ。

ところが、その親たちは、黙っていても7割方が幸福になれる時代を駆け抜けてきた人たちなのだ。

親の言うとおり、先生の言うとおりに生きたとしても、うまくいく保証はひとつもない。

彼らにとって成熟社会は、未知の世界だからだ。

だとしたら、自ら切り拓くしかないだろう。

だからこそ、人生の糧(かて)を得る手段として読書をする必要があり、教養を磨く必要があるのだ。

『本を読む人だけが手にするもの』日本実業出版社