北野武 「謙虚になってはじめて、人間は何かを学ぶことができる。」

北野武 いいため話
画像:http://www.cinra.net/

悩まない人間は、人の悩みも理解しない。

この世は、白か黒か。

自分は白で、自分は絶対に正しい。

そういう薄っぺらな発想しか出てこない。

ソクラテスは、「無知の知」といった。

自分が知らないってことを知ることが、本当の知恵だという意味だ。

世界は不思議だ。

よく考えてみれば、何がなんだかわからないことだらけだ。

なぜ雲は空に浮かんでいるのか。

どうして人は人を好きになるのか。

そもそも、人間とはいったいなんなのだ。

なんのために生きているのか?

自分は何もわからないってことがわかると、人間は謙虚になる。

謙虚になってはじめて、人間は何かを学ぶことができる。

どんなに歳をとっても、偉くなっても、自分が何も知らないってことを忘れちゃいけない。

無知の知というのは、そういうことをいっているんだと思う。

引用:新しい道徳
北野武 著
幻冬舎