親が変われば子は変わる

banner02
親子 いいため話
画像:http://free-images.gatag.net/

たとえば、アメリカでは、

子供をスイミングスクールなどに送り出すときには、

「いい時間を過ごしてね。楽しんできてね」

(ハブ・ア・ナイス・タイム、エンジョイ!)

と言います。

ところが日本の親は決まって「頑張ってね」です。

そして帰ってきた子供に、アメリカの親は、

「楽しかった?」と聞くのに対し、

日本の親は、

「どう、進んだ?」と言って、

まず成果を問題にしようとします。

そこにあるのは、

スイミングを楽しんでねという発想はなく、

どのくらい泳げるようになったかという、

成果を求める気持ちなのです。

引用:親が変われば子は変わる!
濤川 栄太 ,高橋史朗 著
扶桑社