子育てで失敗してしまう人

banner02
子育て いいため話
画像:http://free-photos.gatag.net/

子育てにしても、みんな失敗するのは執着があり過ぎるからです。

「子どもは私とは別な人間です。私は預かっているのです」という感じでいいでしょう?

人間様ですからね、けっこう気をつけて、ていねいに面倒を見なくてはいけません。

悪いことをしてしつけるときでも、「別の人間である。私のものではない」と思えれば、けっこううまく教えることができます。

別の人間として、「ああ、この子は頭が良さそうだな」「この子はこちらに能力がありそうだな」などと、よく見えてきます。

それがわかれば、いとも簡単に導けるでしょう。

親子の対立は起きません。

親子の対立は、親が子を所有物だと思った瞬間に起こります。

いくつになっても子どもは親と親しくしたいものです。

私の親はもう生きていませんが、生きていたら、今でもかわいがってほしいです。

しかし、親がああしなさい、こうしなさいと命令すると、腹が立つものです。

「私のことは、私の勝手にやります」という気になります。

だからといって、怒られたくはないのです。

そのあたりは、無執着世界ならうまくいきます。

できるだけ執着少なく生きると、生きる苦しみはかなり減ります。

引用:「苦の見方」
アルボムッレ・スマナサーラ 著
サンガ新書