相手を判決する

相手 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「相手が悪い」あるいは「自分が悪い」と、

裁判のようにいずれかを裁いても、

その関係を修復できるわけではありません。

修復できるのは、相手が自分にとって大切な人だから、

「愛し合うために努力しよう」と心から思った瞬間であって、

悪いという判決が出たから修復できるというものではないのです。

どちらかが「良い悪い」の白黒で決着をつけようとすると、

「私が良い」であれば、「相手が悪い」になりますし、

「相手が良い」であれば、「私が悪い」になるしかありません。

「良い、悪い」に囚われてしまうのです。

「良い悪い」あるいは「正しい、間違っている」などにこだわり過ぎると、

相手を責めたり自分を責めたりと、

2人とも、両方の思いで苦しむことになるのです。

~~~

出典

[彼女がいつも人から愛される理由]

石原 加受子 著

大和出版 より