群れない

美女 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

なにかに没頭することは、ある意味怖いことかもしれない。

僕もかつてはバランスを取ることが得意だったからよくわかる。

だけど、それは嫌われたくないという不安に起因していたということも、今では理解している。

毒にも薬にもならない生き方は、この際やめてしまおう。

パズルのワンピースと同じで、出っ張っていたり、凹んでいたりするから、人から必要とされるのだ。

僕にしたって、いまだに欠点だらけなのだから。

僕は子どもの頃、『天才バカボン』が大好きだった。

とくにバカボンのパパが好きだった。

バカボンパパのセリフで、素晴らしいものを紹介しよう。

今読んでも、とても味わい深いものがある。

“わしはバカボンのパパなのだ! この世はむずかしいのだ!

わしの思うようにはならないのだ! でも、わしは大丈夫なのだ!

わしは、いつでもわしなので大丈夫なのだ!

これでいいのだと言っているから大丈夫なのだ!

あなたもそれでいいのだ! それでいいのだ!”

知っての通り、バカボンのパパは間違いなくバカである。

だが、それだからこそ多くの人に好かれる。

バランスを取ることはもうこれくらいにして、キミも自分のバカな部分に誇りを持って生きてほしい。

そうすれば、キミは人から好かれるようになるし、人生ももっと輝くだろう。

_______

群れない。

塚本 亮 著

秀和システム