ほめるというのは本当に難しいこと

banner02
犬 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

基本的には「ほめる」に賛成なのですが、一方、ほめるというのは本当に難しいことだというのも事実です。

認知的不協和があるからです。

よく絵を描く子ともに「上手に描けたね」「えらいね」などと声をかけるほめ方は、あまり感心しません。

絵を描く子は、描きたいから描いているのです。これを「内発的動機」と呼びます。

ご褒美や名声などの外的理由ではなく、自分の内部から「やる気」が湧き出している状態です。

内発的動機には根拠がありません。好きに理由などないのです。

それなのにまわりの大人は、ついついほめてしまいます。

すると「絵を描くのが好き」ではなく「ほめられたいから描いている」と、自分の行動の意味が変化してしまいます。

単にほめられたいだけなら、ほかのことでもいいわけです。ですから、「絵を描く」という手段を選ばなくなります。これはもったいないことです。

せっかく興味を持っていたのに。

ほめたいからほめる、しかりたいからしかる――。これは単なる親のエゴです。ヒトは高度な認知を備えているからこそ、安易にほめることは有効ではありません。

とはいえ、こうした理想教育論ばかりを掲げたところで、読者の多くは「そんな繊細な育児方法は私にはムリ」と思われるかもしれません。

実際、私も理想からは程遠いのが現実です。そんなときはせめて「笑顔で子どもに接する」ように心がけるのです。

例えば、片づけなくて困ったときは、イライラして「なぜ片づけないの!」とか「片づけないならもう遊ばせない」などと怒鳴っては逆効果です。

ぐっと気持ちを抑えて、笑顔で楽しそうに、まず自分から片づけはじめてみましょう。

それだけで、きっと子どもは寄ってきます。「楽しそうに何してるんだろう」と。そうしたら、しめたものです。「どう?一緒にやる?」。そう声をかけるだけでよいのです。

遊びでも家事でも、親が楽しそうにやっているものに、子どもは自然と興味を持ち、マネをしたがるものです。

こうした方法で、一度もしからずに、自然と片づけられるようになる、つまり内面化が成立することが証明されています。

_______

パパは脳研究者

池谷裕二 著

クレヨンハウス