おせっかいやき

banner02
おせっかい いいため話
画像:http://publicdomainq.net

おせっかいやきの特徴として、物をプレゼントするという習性があります。

食べ物はもちろん、お店で見かけた面白いグッズなどプレゼントしたくなるのです。

そういう姿を見て、たまに友人が「『こんなにしてあげているのに、あの人からは何もしてもらっていない』とか思う時はないの?」と訊いてくることがあります。

友人は、義理のお母様から、「いつも私は、こんなにいろいろ物をあげたり、面倒を見たりしてあげているのに、あなたはちっともお返ししてくれない」と言われたことがあるそうです。

これはおせっかいではありません。ただ損得勘定で動いているのです。

「やってあげる」「言ってあげる」など「あげる」という言葉が出てくると受け取る側には嫌悪感が生まれます。

「誰もそんなことをお願いした覚えはない」と喧嘩腰になってしまうでしょう。

私はもちろん、見返りを求めてやっているわけではないのです。

だからといって奉仕というわけでもありません。

ただやりたくてやっているのです。笑顔が見たい、喜んでもらいたいという想いだけなのです。

単純に物で見返りを求めてしまうことは、本当にもったいないと思います。

そんなわかりやすい目に見える物より、もっと有益で大きくて大切なものをもらえているのですから。

_______

幸せを呼ぶ「おせっかい」のススメ

高橋 恵 著

PHP研究所