人を使ってみると、こっちの思うようには働いてくれない。

banner02
本 いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

人を使ってみると、こっちの思うようには働いてくれない。

それでいらいらして、腹をたてる人がある。

考えの足りない話である。

他人ではない自分のうちのものを使っても、弟妹が、子供が、注文通りに、働いてくれない。

それどころか、自分自身さえも、自分の命令に、従順とは申しかねる。

頭が早起きせよと命じても、体は寝返りをして、またひと眠りする。

頭は優しい言葉をかけよといっても、舌は平気で暴言をはく。

これを思えば、人を使って意のままに動かそうということの無理がわかる。

何かやらせてもしくじりが多く、使いにやっても気がきかないというが、こっちに教え方、言いつけ方が足りなかったのではないか。

田舎から出たばかりで、何もかも勝手がちがう場合もあれば、聞きちがいということもある。

(中略)

「人を使う」という。牛を使う、馬を使う、きかいを使うというならわかる。

しかし、人間が人間を使うということになると、その思想に問題がある。

仕事が大きくなれば、一人では出来ない。

そこで協力者を求める。

共に働いて貰うのである。

主人が家来を使うように考えたら、大まちがいである。

女中を使う、丁稚を使うといった気持ちを清算せねばならない。

会社にしても、社長あり、重役あり、平社員あり、雇員ありというのであるが、それは仕事を進める組織の上の分業であり、上下の関係ではない。

人間対人間関係では、全部同列、全部平等である。

_______

楽園

後藤静香 著

善本社