「使う者」と「使われる者」

banner02
女性 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

当時、悩んだ末に私が思ったのは、経営者と従業員が家族のような関係であればよいということだった。

単に「使う者」と「使われる者」という関係ではなく、親が子を思い、子も親のことを思うように、経営者と従業員が互いに相手のことをやさしく思いやる「家族のような関係」を会社のなかにつくれないかと考えた。

私はそうした労使関係を「大家族主義」と名づけて、今後はそれをベースとして経営していこうと思った。

しかし、家族のような関係を社内に築こうといっても、しょせんは赤の他人だ。

「親子の関係でやりましょう」とどれほど言っても簡単にうなずくはずはない。

そのため、まずは「企業経営者として、この会社をどのように経営していくのか」という考え方や哲学を確立し、それを共有することで同じ判断基準を持てるようにした。

いろいろ勉強して思いついたことを書きとめ、それを共有してもらうためにことあるごとに話をした。

ただ、当時はそういうことを従業員に話しても、「考え方は自由じゃないか」と受け取られることが大半だった。

民主主義社会では、どんな考え方で会社に勤めるのか、どんな考え方で人生を歩くのかは個々人の自由だ、というのである。

「自分はこういう人生観で生きていきたいと思うし、こういう考え方で会社経営をしていこうと思っている。それを理解してくれ」といっても、「社長の考え方をわれわれに強制するのはおかしいのではないか」と返ってくる。

特にインテリの従業員ほど強く反発してきた。

「確かにどのような考え方をしようと自由だ。しかし、うちの会社はこういう考え方で経営をしていくつもりだから、うちの会社で一緒にやっていこうと思うのなら、ぜひそれを理解してもらいたい。理解できない人は自分の考えを理解してもらえる会社に行ってもらってよい」

そのように話しながら、私は一生懸命、自分の考えを伝えていった。

_______

稲盛和夫の実践アメーバ経営

稲盛和夫 著

日本経済新聞出版社