「自然体」がいちばん強い

banner02
自然体 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

自然体に近い生き方をしている人は、運に恵まれるものだ。

なぜなら、自然体で生きることは心地よく、気分がよければ運はやってくるからだ。

気分がよかったり、楽しかったりするとなぜ運はくるのか?それは逆を考えてみればいい。

運に恵まれているとき、悲しいと思う人はいないだろう。

ツキがあるな、運がきているなと感じているときは、誰でも楽しいはずである。

つまり、運がくると気分がいいなら、反対に気分よくすごせば運はやってくるということになる。

心地よく生きている自然体の人が、運に恵まれるのは理にかなったことなのだ。

私は仕事をはじめ、どんなことでも楽しくなるようにいつも心がけている。

以前、雀鬼会の道場の壁には「楽しくなければ道場じゃない、楽しくなければ会長じゃない」という標語が貼ってあった。

雀鬼会ではみんなが工夫をして、いかに楽しい場にしていくかがいつも問われているのだ。

「しんどいな」「きついな」と感じる仕事であっても、視点を変えたり、工夫をしたりして少しでも楽しくしていけば、嫌々やっているより、仕事の運も上向いていくはずである。

不快なところに自分を置いているなと思ったら、そこから離れる工夫をするのだ。

気分がよくなるほうへ持っていく。

自然体の感覚で生きている人には、それが楽にできるのである。

_______

「自然体」がいちばん強い

桜井章一 著

日本実業出版社