山崎拓巳「すごくいい情報を教えてもらったとき」

banner02
思い いいため話
画像:http://publicdomainq.net/

すごくいい情報を教えてもらったとき。

あなたなら、どうしますか?

「わぁ、こんないい情報、絶対ほかの人に教えたくない」

「わぁ、こんないい情報、早くほかの人にも教えてあげないと」

「独り占めしたい!」も「みんなでシェアしたい!」も、どちらの感情も持っているのが私たち人間というものです。

しかし、そこでいったん、

1. この情報は未来のどんな可能性を秘めているのか?

2. この情報は誰に有益か?誰に教えてあげると喜ぶか?

と考えると、「誰に」「どのように」これらの情報を伝えるといのかが明らかになります。

素敵な情報は、シェアするたびに幸せを増幅してくれます。

「素敵」をみんなで分けると増大するのです。

人脈も同じことがいえます。

独り占めすると廃れてしまいます。

あなたにとってうまく使いこなせない人脈は、ある意味、宝の持ち腐れになるのです。

しかし、ある人にとっては知り合いたくてたまらない人だったりします。

それらのご縁をつないでいく、情報や人間関係の「ハブ空港」に自分がなれたとしたら…。

「あなたからやってくる情報は、私にとっていつもワクワクを感じるものです」というポジションを手に入れてください。

目の前の情報も、「自分にとってのメリット」をモノサシとして見るのではなく、「誰かにとってのメリット」をモノサシにすれば、無駄な情報がほとんどなくなります。

次に情報を発信する立場として物事を見てみましょう。

あなたが発する有益な情報。

人のためになり、そしてシンプルかつ素敵な情報は「〇〇さんって素敵だ」という言葉です。

うわさ話や人の不幸話は蜜よりも甘いといいます。

だけど、絶対にその魅惑におかされてないでください。

うわさ話を好む人は自分のうわさ話にきっと潰されます。

それよりも、誰かの長所を讃(たた)える話を流布しましょう。

巡り巡ってその誰かの耳に伝わるかもしれません。

「〇〇さんって素敵ね」

「〇〇さんのひと言に救われた」

「今、一番輝いているのは〇〇さんだね」

「本当は、〇〇さんが一番あなたのことを心配してくれているのかも」

第三者からそうした情報を伝えられたほうが、直接伝えられたときより影響が大きいのです。

運のいい人はこの法則を上手に使っています。

『運の強化書』SBクリエイティブ