サプライズは「相手の心をつかむ技術」

banner02
サプライズ いいため話
画像:http://publicdomainq.net

私たちがサプライズだと感じるのは、心が安心しきっているときです。

「何もないだろうな」と思い込んでいるときにこそ、心が動くのだといえます。

ここで1つ考えてみていただきたいのですが、あなたはなぜサプライズをしたいと思うのでしょうか?

相手を驚かせたいから?

それとも、サプライズを成功させて「すごい」と相手に思われたいからでしょうか?

嫌われる男はつい、サプライズを「相手の心をつかむ技術」と考えてしまいます。

結果、的外れな演出や派手なプレゼントを送ってしまい、女性の気持ちを高めることができません。

モテる男は、まるで、その人が素敵な物語の主人公のようだと相手に思わせるように、サプライズをします。

(中略)

モテる男は「どうすれば相手がもっと喜ぶか?」ということを「想像」しているのです。

相手が感じる「痛み」(変わらない日常生活への不満)や「期待」(私もドラマの主人公のようなシーンを体験したいという思い)を想像します。

場合によっては、雑誌や本や周辺の人にリサーチをするのです。

そして、それを解消してあげるように演出します。

「こんなこと起きたらいいな」と相手が思うことだったり、「まさかそんなことは自分には起きないだろう」というポイントを攻めるのです。

_______

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣

今井 翔 著

明日香出版社