【小林正観】出刃包丁と人間コミュニケーション

banner02
画像:http://free-photos.gatag.net/

私たちは、人間以外は言語を発しないので、コミュニケーションがとれていないと思っていますが、組成構造物質は全部一緒で、意識が入っています。

目の前にいる鉱物、植物、動物すべてを大事にしていると、すべてが味方になってくれます。

道具を使っているならば、その道具一つひとつから喜ばれるように、できる限り丁寧に親切に扱って初めて、大事にしていることになります。

台所で、出刃包丁を使っているときに、手が滑って落としてしまうことがあります。

刃のほうが重いので、普通なら足の先にズブッと刺さってしまうはず。

ところが、この出刃包丁は、いつもいつも「あなたのおかげで力を入れずに楽に切れます。あなたがよく切れてくださってありがとう」とお礼を言われていたとする。

落ちるにあたって、この人を傷つけるわけにはいかないと、なぜか柄のほうが先に落ちて、足を怪我しないことがあります。

目の前に人がいるなら、その人を大事にして、敬語や温かい言葉を投げかけていくと、人間関係も変わっていくようです。

ある方からこういう質問を受けました。

「子どもが引きこもっていて、言うことをきかないのです」

「もしかして、呼ぶときに呼び捨てにしていますか?あるいは、おまえと言っていませんか?」

そう言うと、たいがいどちらかに当たります。

親子関係が悪い人に対して、このような提案をしました。

「呼び捨てにせず、さん付けで呼んでみてください」

子どもに対し、さん付けに切り替えた人は、半年ほど引きこもっていた子どもが部屋から出てきて、「お母さん」と呼んでくれるおうになりました。

相手に対して、自分が投げかけた呼び名が、自分に返ってきます。

私は、これまでの人生で、どうも「言葉が喜ぶ使い方」というものがあるように感じました。

「そうだよ」という言葉より、「そうなのですよ」というように「です」「ます」で言ったほうが、言葉も喜ぶようです。

日本には、敬語というとても美しい言葉があります。

なるべく意識して使うようにすると、言葉が喜んで、味方をしてくれます。

丁寧な言葉を投げかけると、自分も丁寧な言葉に囲まれていき、人間関係もスムーズに流れていきます。

私たち人間だけが、特別の存在ではありません。

無機物だと思われている物には、全部魂が入っていて、その魂がすべて味方になってくれると、人生がどんどん違ってきます。

すべてを丁寧に扱っていくことを積み重ねていったら、これからどんな人生が来るか、ワクワクしませんか。

引用:小林正観 著
『笑顔で光って輝いて』実業之日本社