朝のあいさつに纏わること

banner02
朝もや いいため話
画像:http://publicdomainq.net

「一番悪い評価は、朝のあいさつをしないこと。

あんたはあいさつの大切さを分かっていると言うからには、きちんと毎朝やっているんだろうけど、なかには誰にもあいさつすらしない社会人も結構いるわよ。

朝のあいさつは、その日一緒に働く全員にしないとダメだからね」

そう言われて、早くも全員にしていたかな?と不安になりました。

「次に評価が悪いのは、目も合わさず、ダルそうな声で一方的にするあいさつね。

あんたもギリギリ出勤のときは似たようなあいさつをしてるわよ。

評価3は、顔を合わせた人だけにお互いあいさつするだけの人。

ほとんどの人がこれだわ。

評価4は、自分の気分に関係なく、毎日ちゃんと全員にあいさつしている人」

ここまで聞いて、私はこれ以上のあいさつなんてあるのかと思いましたが、最高評価のあいさつは、聞いてみるとなるほどと、うなずかされるものでした。

「一番評価の高いあいさつはね、相手の目の前に立って、明るく丁寧なあいさつの後にお辞儀をする。

相手を尊重したあいさつよ」

_______

「ありがとう」の魔法

福島雄一郎 著

ディスカヴァーより