「ギブ・アンド・ギブ」の精神をそなえた「与え好き」

banner02
与える いいため話
画像:http://publicdomainq.net

与える、もらう(得る)という観点から人間の成長レベルを測ってみると、つぎのような段階に分かれると思います。

第一は、「テイク・アンド・テイク」のレベル。

卑劣な例でいえば、取引先から、自分の役職あてにもらった贈り物を部下に分けることもせず、ひとりじめして家に持ち帰るような行為。

「もらう」ばかりで与えない、もっとも低いレベルです。

第二は、「ギブ・アンド・テイク」のレベル。

「もらう期待をしながら与える」「もらったから与え返す」といった、損得を等価交換するような考え方で、ビジネス社会の常識はこのレベルで成り立っていることが多い。

けっして低くはないが、高くもないレベルです。

第三は、「ギブ・アンド・ギブ」のレベル。

「見返りを求めないで与える」ことですから、人間性はかなり高まっているといえましょう。

「与えるは、受くるよりもさいわいなり」という高度な心的境地にもなれ、与え好き人間の資格は十分といえます。

私の経験からいうと、「ギブ・アンド・テイク」のレベルで得られる情報や知り合う人は、よいこと半分、悪いこと半分といった程度です。

しかし、「ギブ・アンド・ギブ」のレベルまで達すると、得る情報も知りあう人もおおむね上等で正しくなります。

また、感謝の気持ちが強くなり、人相もよくなってくるようです。

「お金だけ」「いまだけ」「自分だけ」―――この狭隘(きょうあい)で利己的な三つの「毒」から脱して、おのれの人間性を高めたかったら、「ギブ・アンド・ギブ」の精神をそなえた「与え好き」の人間になる努力を忘れてはいけません。

_______

「法則」

船井幸雄 著

サンマーク出版編集部 編

サンマーク出版より