信長さんと秀吉さんと家康さんのお話 本当の役割分担とは?

banner02
歴史 いいため話
画像:ganref.jp

信長さんと秀吉さんと家康さんのお話です。

_______

秀吉はよくいわれるように、信長の「天下国家を支配していくこととは何か」に学び、それに向かって行動した。

この延長線上に朝鮮出兵や海外進出構想があったのだが、これは失敗している。

家康は、秀吉のつくった基盤をうまく引き継ぎ、修正して、徳川家が日本を支配していくことができるように、小さくだがうまくまとめたところにその才能を発揮した。

この点で、その役割を三人がうまく分担できたとされている。

会田雄次京都大学教授は次のように表現している。

「たとえていうならば、餅をつく奴とこねる奴と食べる奴という、例の狂歌ではないですけど、この三人は本当にうまいこといきました」

「たとえていうならば、信長は上を向いて歩き、秀吉は真っすぐ前を向いて歩き、そして家康は足元を見て歩いた、となるでしょうか」(『だから歴史は面白い』谷沢永一対談集・潮出版社)

_______

「覚悟のススメ」

大杉 学 著

総合法令出版株式会社より