1日24時間というのは万人に平等である

banner02
考え方 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

一つだけ座右の銘をあげろといわれれば、躊躇なくこのことばをあげたい。

中国・商(殷)時代の湯王が言い出した言葉で、

「今日なら今日という日は、天地開闢(かいびゃく)以来はじめて訪れた日である。

それも貧乏人にも王様にも、みな平等にやってくる。

そんな大事な一日だから、もっとも有意義に過ごさなければならない。

そのためには、今日の行いは昨日より新しくよくなり、明日の行いは今日よりもさらに新しくよくなるように修養に心がけるべきである」

という意味。

湯王は、これを顔を洗う盤に彫り付け、毎朝、自戒したという。

神は万人に公平に1日24時間を与え給うた。

われわれは、明日の時間を今使うことはできないし、昨日の時間を今とりもどすすべもない。

ただ今日の時間を有効に使うことができるだけである。

毎日の24時間をどう使っていくか。

私は一日の決算は一日にやることを心がけている。

うまくゆかぬこともあるが、しくじることもある。

しくじれば、その日のうちに始末する。

昨日を悔やむこともしないし、明日を思いわずらうこともしない。

このことを積極的に言い表したのが「日新」だ。

昨日も明日もない、新たに今日という清浄無垢の日を迎える。

今日という一日に全力を傾ける。

今日一日を有意義に過ごす。

引用:清貧と復興 土光敏夫 100の言葉
出町 譲 著
文藝春秋