ドイツ人禅僧の心に響く仏教の金言100

春夏秋冬 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

《春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷(すず)しかりけり》(道元)

「人生は春夏秋冬を経て、やがて終わりを迎える」

一見、仏教とはなんの関係もないように思えるこの句が、仏の教えを見事に表している。

春の訪れを知らせてくれる花。

夏にしか聞こえないホトトギスの声。

秋を感じさせてくれる名月。

そして身を切るほど寒い冬に降る真っ白な雪。

冬が過ぎて、再び春の花が咲く…。

春、夏、秋、冬にはそれぞれかけがえのない美しさがある。

その時、その時の美しさを手で掴むことはできない。

そして春の花は、やがて散る。

だからこそ、いまここに咲いている花の命が尊く感じられるのだろう。

春夏秋冬の移り変わりは、そのまま人間の真実を語っている。

この世に生まれ、成長し、大きな働きをする人間。

恋もすれば、酔いもする人間。

やがて力衰えていく人間。

死に向かっていく人間。

いまここに生きている私も、あなたも、いずれは死ぬ運命にあるが、死ねば新たな命も芽吹くであろう。

お釈迦さまが説いた「生老病死」も、人生の春夏秋冬としてそのまま受け入れてはいかがだろうか。

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ」(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)

引用:ドイツ人禅僧の心に響く仏教の金言100
ネルケ無方 著
宝島社