堀江謙一「太平洋をたったひとりで渡った男」

いいため話 堀江謙一
画像:http://www.shikoku-np.co.jp/

海に情熱をかける一人の男の話

1962年。

その男は一人、西宮からヨットで太平洋へ繰り出した。

「今から太平洋を一人で、このヨットで横断してみせる!」

その男が心に秘めた情熱だった。

そんなのできるわけがない!

ありえない!

しかし。。。

彼はサンフランシスコに着いてしまったのです。

「やってやれないことはない
やらずにできるわけがない」

1人でヨットで太平洋横断しちゃった伝説の人

彼の名は

[堀江謙一]

しかし、それは犯罪であった。

当時はヨットによる出国が認められていなかたので

密出国になるのである。

偉業を成し遂げたもののそれは立派な犯罪。

日本では非難が殺到することに・・・

しかし、当時のサンフランシスコ市長は、こうコメントを残す。

「コロンブスはパスポートを持っていたかね?」

そう言って彼の挑戦に敬意を払い、

彼を名誉市民として受け入れたのである。

日本国内でのマスコミも手のひらを返すように

堀江の偉業を称えるものに変化したと・・・。

海洋冒険家。

[堀江謙一]

1938年、大阪生まれ。

1960年、23歳で日本人として初めて単独での太平洋横断航海に成功。

その後も単独無寄港世界一周(1974年、西回り)、縦回り世界一周(1978~1982年)、足漕ぎボートによるハワイ~沖縄間航海(1992~1993年)など、数々の挑戦を成功させる。

2004年10月1日、船体およびセールにリサイクル材を使用したヨット「SUNTORY マーメイド号」に乗り込み、東回りで単独無寄港世界一周の旅に出発。

2005年6月7日無事帰還、世界で2人目の東西両周りでの単独無寄港世界一周を成し遂げた。

引用:ブログ「周防 灘の凪を望んで」
http://plaza.rakuten.co.jp/