人間は学問である。

banner02
着物 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

やはり人間は学問である。

学問もこのごろのような知識・技術はだめですが、本当の道の学問、徳の学問というものをやらなければいかん。

偉くなればなるほどやらなければならん。

名士になるほどやらなければならん。

ところが心掛けが悪いと、名士になるに従って忙しくなる。

学問なんかしている暇がないと言う。

それがもうすでに間違いである。

名士になるに従って、「名」の字は「迷」という迷士になるからいろいろ失敗をやる。

やはり人間はできるだけ無名であらねばなりません。

無名にして有力になるのが本筋です。

無名有力になるのが人間成功の秘訣であります。

たいていの人間は有名になろうと求めて、次第に「有迷」になる。

名士が迷える「迷士」になってしまう。

いろいろの弊害はここから起こってくる。

こういうことを明らかにするのが、徳の学問であり、道の学問である。

その点において、古人の残してくれた学問というのは非常に尊いものだ。

ありがたいものであります。

_______

酔古堂剣掃(すいこどうけんすい)を読む

安岡正篤 著

致知出版社