愛をこめて生きる「大きな幸せ」

愛を込めて生きる

人間の一生の間に、大きな幸せと呼べるものは、

数える程しかないものだ。

結婚式当日の2人の幸せは輝くばかりのものだろうが、

その後に続く日々は決してその連続ではなく、

平々凡々たるものだろう。

その中で幸せになるということは、

小さくてもいい、「ああ、幸せ」と思える機会をふやすことにかかっている。

ささやかな幸せを味わいつつ生きるというのは、

皆が口々に

「おめでとう、よかったですね」と

言ってくれる日々を過ごすことではなくて、

人知れず自分が心の中に、

「よかった」と感じることのできる瞬間をより多く持って生きることではないかと思っている。

~~~

出典

[愛をこめて生きる]

渡辺 和子 著

PHP研究所 より