才能の正体「人が文句を言う理由」

文句を言う

死ぬ直前というのは、どんな人でも心安らかになって、みんなに感謝して亡くなっていく…といったイメージがありませんか?

しかし実際は、7割方の人は不平不満を言いながら死んでいくと、とある看護師さんから聞いたことがあります。

人は死ぬ直前にものすごく愚痴を言うし、文句も言うそうです。

「ありがとう」「みんなのおかげです」「私の人生に悔いはない」なんて言いながら死ぬというのは、幻想なのかもしれません。

何歳になったって、人間の根本なんて変わりません。

日頃文句ばかり言っている人は、死ぬ間際になっても変わらず文句を言うでしょう。

そもそも文句を一切言わないような人なんて、いないのではないでしょうか。

ところで、人が文句を言うのはなぜでしょうか。

僕は、「人が後悔する生き物で、ひたすら後悔しているからだ」と思うのです。

何歳になっても後悔しているのが人間です。

では、「後悔」しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

それには、この後悔の連鎖をどこかで断ち切るしかありません。

どうやって断ち切るか。

それには、「今すぐ」→「後悔しないための選択肢を選び」→「やる」こと。

「やらなかった」という後悔を、なくしていくしかありません。

そう考えると、「〇歳だから、もう遅い」という言葉が、やりたくないための言い訳にしかならないことがわかりますね。

「〇歳だから、もう遅い」というのが口癖、考え癖になっている人は、延々と後悔の続く、文句の多い人生になってしまうことに、早く気づいてください。

子どもでも、70代の人でも、始めようと思えばいつだって始められます。

「すごくやりたい」と思えることがあるのなら、まずはやってみればいい。

やってみて興味がなかったら、やめればいい。

やらない理由を探している時間はもったいない。

人間というのは、一日生きている時点で、昨日より成長しています。

自分の能力(だと思えるもの)を日々少しずつ尖らせ、それを自分の「才能」にしていくことは、何歳からだってできるのです。

…この考え方で努力を積み重ねていけば、最終的には、ものすごく大きなことも成し遂げることができます。

たとえば、フィギュアスケートの四回転ジャンプや、100メートル走のタイムで10秒を切るということは、かつては「人類として無理だ」なんて言われていたことです。

しかし今では、それをクリアできる選手が何人もいます。

彼らは「無理だと言われているから」と理由で諦めなかった。

そして、練習することで、昨日より今日、今日より明日、と上を目指し続けてきた結果ではないでしょうか。

頭ごなしに「無理だ」と思って、挑戦することをやめてしまっていたら、これはあり得ません。

「やらない理由」が立ちはだかっても諦めきれなかった人だけで、奇跡を起こせるのです。

《「やらない理由」を探すのをやめましょう。いつからだって、何歳からだって、始められます》

『才能の正体』幻冬舎