ありがとうの口癖

ありがとう

「ありがとう」が、いい言葉でポジティブになれることは誰もが認めています。

でも、なかなか使う機会がない、と思うのも事実です。

「ありがとう」を自然に口から出せるようになり、口癖にできる練習方法があります。

それがコレ!

コンビニで買い物をしたとき、レジでニッコリ笑って、「ありがとう」と言ってお金を支払うのです。

本来は「ありがとうございました」と言うのはお店の店員さんの方です。

そんなとき、相手よりも先に、こちらが言うのです。

「え!?」と驚いて、戸惑いながらも慌てて、「あ、ありがとうございます」と返事をするアルバイトさんもいます。

タクシーを利用するときも同じ。

乗車してすぐに、「助かりました。ありがとう」。

運転手さんは、日頃からお客さんとのトラブルで疲れています。

そのため、「何て、上品な人なんだろう」と心の中で感心してくれます。

もちろん、降車するときにも、「ありがとう」と言う。

レストランでの食事も同じです。

こちらは、お金を払うということで、相手よりもエライ(?)立場かもしれませんが、それでも「ありがとう」と言う。

「物を買わせてくれて、ありがとう」

「食べさせてくれて、ありがとう」と。

これが、自然に言えるようになると、知らぬ間に「生き方」そのものが変わります。

いつも誰にでも感謝できることで、心に余裕ができます。

幸福感で満たされて、明るくなるのです。

大阪では、これが日常的に行われています。

商店街で買い物をすると、お客さんが「おおきに」と言います。

だから、大阪のオバチャンはポジティブで元気なのかもしれませんね。

「ポジティブ練習帳」同文館出版