人に助けを求めることはいいことなのか?

強い弱い

どんなに力のある人でも、

どんなに自主独立の生き方をしている人でも、

自分だけではどうにもならない状況というものが必ずある。

人にアドバイスをしてもらったり、

人に支えてもらったり、

人に助けてもらったりしなければならないときが絶対にあるのだ。

人に助けを求めることは、一見弱さの象徴のようにも思われるかもしれないが、

そんなことは決してない。

つまり、助けが必要なときに誰かに助けを求められるのは、

自我の防衛機能が発達している証拠であり、

その人が弱いからではなく、強いからこそ、

できることなのだ。

自分を守る強さを持っているということなのである。

出典

[本当に強い人、強そうで弱い人]

川村 則行 著

飛鳥新社 より