肌の色による区別と、本当に区別されるべき者

banner02
感動 いいため話
画像:http://blog.livedoor.com/

南アフリカのヨハネスブルグからイギリスのロンドンに向かうブリティッシュ・エアウェイの機上でのこと。

混んだ機内のエコノミー席で、50歳ほどの白人女性が、黒人男性の隣に座ることになった。

彼女は、信じられない、とばかりに憤然と立ち上がると、その場でスチュワーデスを呼び出してこう言った。

「これはいったい何なの!」

「はい、お客さま、どういうことでしょう?」

スチュワーデスは彼女に丁寧に聞いた。

「見ればわかるでしょ? 私を黒人の横の席にしているのよ! こんな忌まわしい人の横に座るなんて、私は到底、承服できません。すぐにほかの席に変えてちょうだい!」

「お静かにお願いします」

スチュワーデスはこたえた。

「ただいま席があるかどうか確かめてまいりますので」

彼女はいったん引き、しばらくして戻ってきた。

「お客様、あいにくエコノミー席に空席がございません。機長にも相談しましたが、ビジネスクラスにも空きはないとのことでした。

ただ、ファーストクラスに一席だけ空きがございます」

その女性客は一瞬、安心したような顔を見せたが、スチュワーデスはそれに構わず話を続けた。

「私どもの会社では、エコノミーのお客様にファーストクラスへお移り願うことは滅多にいたしません。

けれども、状況を考えますと、こんな方の隣にお客様がお座りになるということは、言語道断であると、機長が申しております」

そして、彼女は、おもむろに黒人の紳士の方に向き直り、こう言った。

「お客さま。というわけですので、もしよろしければ、どうかお手荷物をおまとめください。ファーストクラスにお席をご用意してお待ちしております」

次の瞬間、ずっとこのやりとりに心を痛めていた周りの乗客が、一斉に立ち上がり、拍手喝采の音がそれに続いた。

だが、黒人紳士は落ち着いた声で、こう制したという。

「お気遣いありがとう。しかし、私はこの席で結構だ。横に誰が座っていたところで、私の誇り高い皮膚の色が汚れてしまうとでもいうのかね」

引用:魂が震える話