「過去」のことを怒ることに意味はあるのか?

banner02
過去 いいため話
画像:https://www.pakutaso.com/

自分のスイッチが、「前進」ではなく「バック」に入っている人は、感情的になります。

バックは怖いし、前に進まないからイライラします。

感情的になる人は、モードが「過去」になっています。

うしろを見ているのです。

たとえば、デートでレストランに行くと、予約が通っていませんでした。

彼はメンツがあるので、「今の話だと私が間違っているような言われ方だけど、あなた方のほうで予約をミスったということを、彼女の前ではっきりしてくれ」と言うのです。

これはあくまで過去についての議論です。

スイッチが「過去」に入っているのです。

ここで、「すみません、この近くで系列のお店に席があるか、ちょっと聞いてもらえませんか」と即座に言える人は、スイッチが「未来」に入っていて、前へ向かっています。

大切なのは、今これからごはんが食べられるかどうかという「未来」です。

「すみません、この近くで系列のお店に席があるか、ちょっと聞いてもらえませんか」と言う時、人間は必ず冷静な話し方になります。

「どっちが悪かったのかだけはっきりしてくれ」と言う人は、声が大きくなります。

声が大きくなっている状態は、「過去」にスイッチが入っている一つの証拠です。

未来のことで怒る人はいません。

怒るのは、過去のことです。

過去のことで怒っても、何も解決策にならないのです。

『なぜあの人は感情的にならないのか』ダイヤモンド社