悩みがあるということは、成長できる証拠といえる

banner02
成長 いいため話
画像:https://www.pakutaso.com/

不景気になると悩む人が増えるものです。

生きる糧に影響し始めるからでしょうか。

景気の良い時も、人は悩んでいました。

景気が良ければ、生きる糧はアタリマエで心配しないのでしょうが、その時は男女の痴情や他人との外観の比較で悩んでいるものです。

要は、いつも人は悩んでいるのです。

魂を成長させるために、現実世界では絶えず「悩む」方向へと人生が向くようになる法則があります。

実は、悩める人は幸いなる人です。

歳を取り成長の見込みがなくなると、段々ともの忘れが始まり悩まなくなっていきます。

これも、神の恩寵(おんちょう)かもしれません。

人間が悩める間は、成長の可能性が残存しています。

神が期待している魂の成長のために。明るい心根で、大いに悩めば良いのです。

_______

「与えれば、与えられる」

リーマンさん 著

経済界より