いつの時代も変化に取り残される人は多い。

変化に取り残されれる

アメリカの神学者のラインホールド・二ーバーは、

「おお神よ、我らに与えたまえ。

変えるべきことを変える勇気を。

変えられぬことを受けい入れる冷静さを。

そして、その二つを見分ける英知を」

と、変えることの重大さ、変えることの難しさを表している。

カーター元大統領は、「われわれは変わりゆく時代に適応しなければならないが、さらに、また不変の原則を堅持しなければならない」と述べている。

逸外(いつがい)老師は、

「窮(きゅう)すれば即ち変じ  

変ずれば即ち通ず

通ずれば久し」

と言っているが、「変ぜざれば窮す」を頭につけてみたい。

いつの時代も変化に取り残される人は多い。

それは、変化に対して無防備な人。

気づいても変えること、変わることを行わない人。

変えるのが遅い人。

変え方が小さい、あるいは、大きすぎるひとなどである。

世の中は一瞬も止まることなく動いている。

私たちの生きている大地のプレートも一年間に数センチ動いている。

ウエストミンスター寺院の地下室には、次のような碑文が刻まれた英国国教会主教の墓がある。

「何の束縛もない若かりし頃、想像は果てしなく広がり、私は世界を変えることを夢見ていた。

ところが、年を重ね賢くなり、世界は変わらないことに気づいた。

そこで、目指すモノを、もう少し近いモノにして、自分の国から始めることにした。

だが自分の国も変わらなかった。

老年期に入り、私の願いは悲痛な思いに変わった。

自分の国もダメなら、少なくとも最も近くにいる家族を変えることにした。

だが、悲しいことに、これすら、ままならなかった。

今、私は死の床についている。

なんと、今になって初めてわかったのだ。

変えなければいけないのは、自分自身だと。

自分が変われば、家族も変わっただろう。

そして家族に励まされ、支えられることで国をよくすることもできだだろうし、やがては世界を変えることすら、できたかもしれなかったのだ」

『眼からウロコを落とす本』PHP文庫