玉磨かざれば光なし。人学ばざれば道を知らず

人の学び

「玉磨かざれば光なし。人学ばざれば道を知らず」

という言葉あります。

人の心はダイヤモンドに似て、

磨けば光る性質を持っています。

その自分を光輝かせていく方法が、学びであるわけです。

学ぶことが、やすりや布のようなもので

自分を磨いていることにつながっているのです。

ダイヤモンドも磨くと光ってくるように、

人も学ぶと光ってくるのです。

光はあたりを明るくし、

迷わずに前に進むことができます。 

光のない暗がりでは、

不安でどう進んでいったらよいかわかりません。

人にとっての光とは、知ることです。

さまざまなことを知ることによって、

迷わず人生を生きていくことができるようになるのです。

~~~

出典

[人生は好転できる]

杉田 寛仁 著

グラフ社 より