本当の愛を知った時、主語が「わたし」から「わたしたち」に変わります

banner02
わたしたち いいため話
画像:http://gahag.net/

【哲人】「わたし」や「あなた」よりも上位のものとして、「わたしたち」を揚げる。

人生のすべての選択について、その順序を貫く。

「わたし」の幸せを優先させず、「あなた」の幸せだけに満足しない。

「わたしたち」のふたりが幸せでなければ意味がない。

「ふたりで成し遂げる課題」とは、そういうことです。

【青年】利己的でありながら、利他的でもある・・・と?

【哲人】いいえ。利己的では「ない」のだし、利他的でも「ない」のです。

愛は、利己と利他の両方を兼ね備えるのではなく、どちらも退けるのです。

【青年】なぜです?

【哲人】・・・「人生の主語」が変わるからです。

【青年】人生の主語!?

【哲人】われわれは生まれてからずっと、「わたし」の目で世界を眺め、「わたし」の耳で音を聞き、「わたし」の幸せを求めて人生を歩みます。

これはすべての人がそうです。

しかし、ほんとうの愛を知ったとき、「わたし」だった人生の主語は、「わたしたち」に変わります。

利己心でもなければ利他心でもない、まったくあたらしい指針の下に生きることになるのです。

【青年】でもそれは、「わたし」が消えてなくなるということにもなりかねませんよ?

【哲人】まさに。

幸福なる生を手に入れるために、「わたし」は消えてなくなるべきなのです。

_______

「幸せになる勇気」

岸見一郎 著

古賀史健 著

ダイヤモンド社より