渡辺和子 ほんの数秒が待てなくてイライラしてしまいがちな方に読んでほしい。

banner02
イライラする いいため話
画像:welq.jp

エレベーターというものは、乗り込んで目的の階のボタンを押しますと、いつかは自然に閉まるものです。

ところが、私たちは知らず知らずのうちに、自分の目的の回数を押しましたら、すぐ隣の指で「閉」と書いたボタンを押しています。

私も自分自身がそうしているのに気がつきまして、持ち前の好奇心から、あるとき、秒針のついたデジタルの時計を持ち込んで測ってみました。

乗り込んでから階数のボタンを押して秒針をじっと見ていますと、私どもの建物のエレベーターは閉まるまでに4秒かかりました。

病院のエレベーターなどは、もっとゆっくりかもしれません。

いずれにしても、私はどうしてこの4秒が待てないのだろうと考えさせられました。

どれほど忙しくても、4秒が待てないほどの仕事はめったにありません。

そして、少しウロウロしておりますと、4秒なんてすぐ経ってしまうわけです。

その日から一つの小さな決心をいたしまして、もちろん、ほかの方とご一緒の場合とか、ホテルのエレベーターとか、よその建物の場合は別ですが、私どもの大学の構内の、そのエレベーターに乗るときだけは閉まるまで待とうと思いました。

これが案外難しいのです。

乗り込んだら、すぐ閉めたくなる。

その閉めたいと思う自分に言い聞かせて、決心を守らせる。

私はその4秒というものを、イライラする気持ちを抑えて、自分を見つめる時間にしようと思いました。

4秒も待てない私でいたらば、自分が学長室にいても、話をしにくる人の話をゆっくり聞いてあげることができなくなってしまう、と。

「4秒」が問題ではないのです。

「4秒が待てない自分」が問題だと思いました。

ですから、4秒が待てない自分と闘って、待てる自分に変えていくこと。

それが、結局は、交通渋滞の中でイライラしないですむ自分と無関係ではないし、はかどらない仕事にイライラしたりセカセカしないですむ自分と無関係ではない、ということに気づきました。

エレベーターのドアが閉まる4秒を節約する。

そのためにかえって忙しい自分になっていないだろうか。

いつもセカセカし、いつもイライラし、いつもソワソワしている自分になっているとしたら、節約したはずの、浮かしたはずのその数秒は、自分の生活を豊かにしているどころか、むしろ貧しくしているのではないだろうか、ということに気づくようになりました。

一日のうちに本当に数秒でよいから、自分を取り戻す時間、見つめる時間、自分と闘う時間が必要なのではないだろうか、ということを考えています。

『現代の忘れもの』

渡辺和子 著

日本看護協会出版会