「勉強ができる子」ではなく「頭がいい子」を育てるには?

banner02
可塑性 いいため話
画像:http://gahag.net/

私たちの脳は、自らを変化・成長させていくことができる力を持っています。

この力を、「可塑性(かそせい)」といいます。

何かを突き詰めれば突き詰めるほど、脳の可塑性を高めることができる。

つまり、他の分野についても脳を成長させやすくなる、という特徴があるのです。

突き詰めるものは、何でもかまいません。

お絵描きでも、かけっこでも、ピアノでも、パズルでも、子供が時間を忘れて取り組んでいるもの、好奇心を持っているものがあるなら、それをさせてあげる。

それが、脳の成長にはプラスとなるでしょう。

つまり、好奇心を持って何かに取り組めた子は、自然と賢く、頭もよくなるのです。

「勉強ができる子」ではなく「頭がいい子」を育てる。

テストの点数などは、本質ではありません。

好奇心が旺盛であれば、成績は後からついてくるものです。

_______

「賢い子」に育てる究極のコツ

瀧 靖之 著

文響社より