あなたにとっての「英雄」ってなんですか?

banner02
人生 いいため話
画像:http://gahag.net/

「死」があるのではなく、死者がいるだけであるように、病気もまた存在しません。

存在するのは病を背負う人間だけです。

「病者」というとき、私たちは病気に目を奪われて、その人の苦しみや悲しみ、その人の本当の姿を見失ってはいないでしょうか。

たとえば、がんを患う人がいる。

すると大変な病気になったという。

でも、大変なのは病ではありません。

その人の人生そのもの、毎日の一瞬一瞬が大変なんです。

もっと言えば、彼らはすでに、がんが治ればすべて解決するのではない、という人生の深みにおいて生きている。

かつてとは異なる次元で生きている、そうした人に、私は一人ならず出会ってきました。

私にとっての「英雄」とは、このような人生の問題をすり替えず、それと向き合う人々です。

困難を引き受け、今に深く根を下ろし、果敢な、と表現するほかない生を生きる人々によって、私は大きく人生を変えられてきました。

_______

「死者との対話」

若松英輔 著

トランスビューより