今日どのくらい楽天的でしたか!?

banner02
楽天的 いいため話
画像:http://gahag.net/

イギリスのウィンストン・チャーチル首相は、第二次世界大戦中の最も苦しい時期に「私は楽天家だ。悲観的になってもしょうがないからね」と言った。

どんなときでも楽天的な姿勢でいられる人は、何らかの目標を持ち、自分と他人のいい面を見いだそうとし、現在から学びつつ未来を展望する人である。

興味深いことに、楽天家といっしょにいればいるほど、自分も楽天的になれるものだ。

楽天的な姿勢は、落ち込みそうになる自分を確実に救ってくれる。

あなたは今日どのくらい楽天的だろうか。

「あなたは元気がないときどうしますか?」と質問されたとき、私は胸を張って「元気なふりをする!」と答えた。

私は、本当はそうでなくても、そうであるふりを50回以上すれば、本当にそれなれると信じている。

自分がほしいと思っている長所を、すでに持っているかのように振る舞ってみよう。

しばらくそしていると、やがて、そんなふりをする必要はなくなっているはずだ。

あなたはもうそうなっているのだ!

『1分間でやる気が出る146のヒント』

ドン・エッシング 著

ディスカヴァー