人間の行動は、心によって大きく左右される。

banner02
行動を左右する

人間の行動は、心によって大きく左右される。

新車を購入しようとディーラーに足を運んでも、販売員がなかなか出てこないで、散々待たされたあげく、無愛想な表情で応対されたら、購買意欲も薄らいでしまう。

逆に、それほど買う気持ちはなくても、接客してくれた人が明るく礼儀正しく、丁寧に説明してくれると、買いたい気持ちになってっくる。

今すぐというわけではなくとも、買うときにはぜひこの人からという気にさせられるのである。

藤堂高虎は、人は俸禄だけで動くものではないとこう教えている。

「およそ臣僕を使うに、禄のみを以てせば、人いまだ必ず深く感戴(かんたい)せず、その禄仕する者、もとよりまさに受くべきところのみ。

ゆえに人を使うに必ず情を以てす。

人生意気に感ず、義ここにおいてか合し、命を棄て以て恩に酬(むく)ゆ。

いやしくも情を以てせずんば、すなわち禄またいたづらに損(す)つるのみ」

さらに、高虎は、次のような興味深い言葉を残している。

「妻に薄き者、おそらくは薄からざるところなし。以て恃(たの)みとなすに足らず」

人生のパートナーである妻に対して、冷たい人間というのは、本質的に冷たい人間であって頼りにはならないというのである。

社会生活においても家庭生活においても、重要なのは、相手を思う心である。

心ない人間は、心ある人間によって駆逐されてしまうのである。

人は金や命令によって動くのではない。

相手の心に感動して動くのである。

自分が孤立するような状況をつくる姿勢は今すぐ改めるべきだ。

そして、人の和の中に積極的に飛び込んでいき、偽りのない心で接することを心がけるべきである。

『この“心がけ”ができる人できない人』三笠書房