舩井幸雄「人間の能力なんてのは、ほとんど差なんてない」

船井幸雄 人間の差

舩井先生の言葉に、能力という言葉はあまり出てきません。

性格または、クセづけという言葉のなかに成功の道筋を多く語ってきたのです。

「人間の能力なんてのは、ほとんど差なんてないよ。性格で差がつくんだよ」

仕事の進捗の遅さを先生に弁明したとき、何度か言われました。

「大事なことは成功するクセづけだ」ともよく言われます。

入社式の日、新入社員は私を含めた5人。

その5人に、まず最初に身につけるクセを舩井先生は語りはじめました。

「相手のことを一所懸命、親身になって考えなさい。そのためには、3つのクセをまずつけることだ」

メモをとる、必ず見送る、手紙を書く。

「どうだ、簡単なことでしょう。まずこの3点を徹底してごらん」

人間の性格のなかで、好かれる性格づくりから始めよと、先生は言うのです。

“いまのあなたは、あなたのなりたかった自分だよ”

舩井先生が口にするこの言葉は、人間の本質の一部を表しています。

自分が自分をどう評価するかは関係のないことで、人間は他人からどう見られているか、その見られ方が性格なのです。

どんなに、「私は明るい人間だ!」と主張しても、「えっ、あなたは暗いわよ!」と言われれば、その人は暗いことになります。

どう見られているか?その一点を人間は自分で考え、理想の自分を演じていくのです。

どんな自分でありたいのか?

人間は、自己のことをそう考えることができる唯一の動物です。

であれば、理想の自分をイメージしてそのイメージを実践する。

そのことでイメージに近づき、理想の自分を周りから感じてもらえます。

誰だって嫌われたい、暗い、後ろ向きだ、愚痴っぽいと思われたくはないでしょう。

ならば、好かれたい、明るく前向きで感じのいいあなたをイメージして演じるのです。

演じると言うと、首をかしげる方もいます。

では、律すると言い換えてもよいのです。

メモをとる。

誰かの話を聞いているとき、私はとことん真剣に聞いている、あなたの言葉に集中していますよ!

それがメモをとる姿です。

「全身全霊を込めてメモをとっている人間を見て、嫌だなと思う人間はいないだろ」

確かにそのとおりです。

見送る。

その人間の本性は見送りの姿勢に出るものです。

古くからあるサービス業の言葉に“迎え三歩に送り七歩”というものがあります。

確かに、さまざまな企業を訪問して帰ろうとするとき、エレベーターホールまで見送りに出る人間、エレベーターで下までともに下りて見送る人間、ビルの外まで見送る人間…さまざまです。

「見送りが丁寧な人ほど、必ず成長するものだよ」

3000人以上の経営者、何万人の経営幹部とコンサルティング現場で接してきましたが、このルールは間違いないようです。

「どんな人にも、気分よく帰ってもらうんだ。それが好かれるコツだよ」

手紙を書く。

思いを馳せる、という言葉があります。

手紙を書くことは、まさにいま書いている相手の顔を思い浮かべ、その相手に思いを馳せることです。

「心を込める。相手のことを親身に考えるクセづけになるのだよ」

一日3通は書きなさい。

書いているうちに、苦痛でもなくなるからと言われました。

年に1000通。

このクセづけは、このときから守っていることの一つです。

成功する人間には、成功する性格がある。

『舩井幸雄の60の言葉』マガジンハウス