「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人

違いがわかる

「違いをわかる」ことが、私たち日本人の課題なのかもしれません。

「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人の、何と多いことでしょうか。

いじめの問題の根っこにあるのは、まさに、このような思い込みでしょう。

ではなぜ、自分とは違うことを認めることができず、

違いを「悪いこと」と思ってしまうのでしょうか。

違う部分はときに自分の理解を超えています。

理解するには、少し努力して頭を働かせなければなりません。

人生経験や勉強、そして豊かな創造力も必要です。

それが面倒で「違うのは悪いこと」と決めつけ、

思考を停止させ、感性を鈍らせてしまうのです。

認めようとしなくても、事実は明らかに違う。

人間は皆、違うのです。

100人いれば100の個性があります。

~~~

出典

[自分の気持ちを素直に伝える52のレッスン]

平木 典子 著

大和出版 より