小林正観 「楽しい人生を生きる宇宙の法則」

小林正観 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

もし、言いたいことがあるときは、お互いに意見を主張すればいいのですが、

それは笑顔で言えばいいことであって、ケンカをする必要はないんですね。

大人になるということはケンカをしないということですから。

さらに、家庭のことで言いますと、同じ言葉を他人から言われたときに、怒らないで踏み留まることができるにもかかわらず、

同じ言葉を妻から言われるとものすごく腹を立てて爆発してしまう夫がいます。

また、同じ言葉を他人から言われても怒らないけれども、夫から言われるとキレてしまう妻がいます。

それは、どういうことかと言うと、外では踏み留まる能力があるにもかかわらず、家庭では踏み留まらないということなんですね。

《踏み留まれない》のではなくて、《踏み留まらない》んです。

これを一言で言うと“幼児性”です。

実は、“幼児性の克服”のためにも結婚というものが存在します。

家庭を持って、妻に対して夫に対して、あるいは子供に対して、「私」が気に入らなくて爆発する、

その「私」の“幼児性”を是正するために結婚というものがあり、家庭というものが存在します。

家庭というものは、ただ自分の思いを通すための甘える場所でも、ストレスを発散させる場所でもありません。

幼児性を削っていって大人になっていく作業の場所として、結婚があり、家庭が存在するということです。

引用:楽しい人生を生きる宇宙の法則
小林正観 著
講談社