斎藤一人 「おもしろすぎる成功法則」

斎藤一人 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

最近、ひとりさんは目が覚めると、こう思うようにしているんです。

「よし、今日も一日、美化して生きよう!」

「美化」というのは、部屋をセッセと掃除することではないんだよ。

気持ちの問題なんだよね。

「自分に起きたことを、そのままで受け止めず、ほんのちょっと良く上乗せして受け止めること」

これが、私の言う「美化」なんです。

たとえば、会社で仕事をしているときに、ちょっとしたことでガミガミ言う上司がいるとするよね。

そうしたら、こう思うんです。

「あの人は、私をビシビシ鍛えて、最強のサラリーマンにしてくださっているんだね。ああ、ありがたいなあ!」

とにかく、そのまま受け止めないことです。

これが“美化”のコツなんですね。

なぜ、私がわざわざ、こんなことをしてるかというと…、これには深い理由があるんです。

私たちが、この世に生まれてきたのには、理由があります。

それは、「この世で魂のステージを上げて、もっとステキになって、あの世へ帰ること」。

そういう約束を、生まれる前に、神さまとしてきているんだよね。

あなたが「もっと、ステキになるため」には、物事をそのままで受け止めていたらダメなんです。

そのまま受け止めていたのでは、「普通の人」。

「普通の人」のままでは、神さまとの約束は果たしたことにならないからね。

「ステキな人」とは、「どんな状況を与えられても、なんでも“美化”することができる人」

だから、「美化」とは、「ステキな人」になるための訓練なんですよ。

さて、いまこの話を読んでいる人の中で、「一生懸命、相手を美化していると、ひょっとして、相手が変わってくれるのかしら?」と思った人がいるかもしれません。

そんな期待を裏切るようでゴメンなさいなんですが(笑)、正直に言って、美化したところで、相手は何も変わりません。

相手は変わりませんが、あなたの心が変わります。

美化していると、心の中に「ステキな波動」が広がって、サイダーを飲んだときみたいに、スカッとさわやかになっていくのです。

美化していれば、相手のことも悪く思わないで済むし、自分も楽しい。

美化している自分は、なんだかとても「いい人」に思えて、自分のことをますます好きになるんです。

そして、美化には、さらに「いいこと」があります。

どんなことが起きても、「美化しよう」としているあなたは、まわりの人からすると、「すっごくステキな人」に見えるんだよね。

「こんなに大変な状況なのに、相手のことを悪く言わないなんて、ホントにえらいわよね」とか。

「あんな難しい人のそばにいるのに、相手のいいところだけを見ようとするなんて、すごいわね」とか。

そんなふうにまわりの人は、あなたのことを「すごい人」とか、「ステキな人ね!」と思って、応援するようになるんです。

そういう人って、たまらなく魅力的なんだよね。

そういう人を、人は応援したいと思うんだよね。

いいため話:おもしろすぎる成功法則
斎藤一人 著
サンマーク出版