アルツハイマーのおばあさんが送る素敵なプレゼント

banner02
幸せ いいため話
画像:http://www.gatag.net/

ある病院で、看護婦さんたちの間に、

いつのまにか1つ習慣ができあがっていました。

朝、出勤してくると、

皆、まずアルツハイマーで入院しているひとりのおばあさんのところへ、

「おはよう、おばあちゃん」と

挨拶に行くのです。

夕方も、

「さよなら、おばあちゃん」と挨拶して帰ります。

このおばあさんはいつも、誰に対してもニコニコして、

たった一言だけを繰り返しています。

「あなたはかけがえのない方です」

看護婦さんたちは、おばあさんのその一言を聞くと、

「ああ、私は生きていていいんだと」

と確信するのでした。

引用:恵みあれば
鈴木 秀子 著
中央公論新社