運がいいとき、「なに」が起こっているのか?

banner02
運 いいため話
画像:http://www.gatag.net/

エネルギーを効果的に使うには、声と目で大きく膨らませて、腹で受け止める。

まさに「声-目-腹」の三位一体論だ。

これは弘法大師空海が「身口意(しんくい)」の「三密」と唱えたものに通じている。

「身口意」は「身=印を結ぶ」「口=真言を唱える」「意=精神を向ける」ことであるが、

現代的な解釈を当てはめるとつぎのようになる。

・身=行動=腹

・口=言葉=声

・意=思考=目

目を見開いてかなえたい願いを見つめ(思考)、

その願いを「声」に出し(言葉)、

そして「腹」を決めて動き出す(行動)。

空海は「身口意」でさとりを得ると説いたが、現代的には「行動:腹」と

「言葉:声」と「思考:目」でエネルギーを最大化して願いをかなえるわけだ。

引用:運がいいとき、「なに」が起こっているのか?
石田久二 著
サンマーク出版