野坂礼子 「人間、生きているだけで、ありがとう」

banner02
引き寄せ いいため話
画像:http://www.gatag.net/

不幸な人は、長年、マイナスの言葉を使ってマイナスをつかんできました。

自分がつかんでいることさえ忘れているくらいです。

そのため、そうやすやすと簡単に手を放すことができないのです。

そして、究極のマイナスは、将来を悪い方悪い方に考えて、あれこれ思い悩み、そのたびにマイナスの言葉を使ってしまうことです。

これでは、悪い将来を、一生懸命に
手に入れようと、心から願っているのと同じです。

でも安心してください。

マイナスの手を切り、マイナスを手放させてくれるのが、

「ありがとう」です。

「ありがとう」を唱えていると、

次第にマイナスから手が放れていくのです。

1つマイナスを考え、言葉に出してしまったら、

「ありがとう」を10回唱えましょう。

問題のある人ほど、マイナスを抱えている人ほど、回数を多く唱えてください。

悩み始めたら、「ありがとう」をくり返し唱えます。

悩む時間を自分に与えないことが大切です。

「ありがとう」はマイナスと手を切る魔法のナイフなのです。

引用:[人間、生きているだけで、ありがとう]
野坂 礼子 著
マキノ出版