萩本欽一「粋な言葉のチカラ」

banner02
言葉 いいため話
画像:https://www.google.co.jp

人生を楽しくしたいなら、みんなもっと粋(いき)な言葉を勉強すればいいのに、と思う。

粋な言葉の威力はすごいですよ。

人間関係は広がるし、運も向いてくる。

仕事だって成功する。

ぼくもずっと勉強しています。

活字でもテレビでも、粋だな、と感じた言葉は必ずノートに書き留めたりしてね。

それはもう習慣になっている。

粋な言葉を身につけるコツ?

まずは現実をそのまま言葉にしない。

腹が立った時に怒りの言葉を、泣きたい時に悲しい言葉を、不満がある時に愚痴を言わない。

当たり前すぎて、それでは何も起こらない。

そうじゃなくて、辛かったら楽しい言葉を、悲しかったら嬉しい言葉を、悔しかったら幸せな言葉を言ってみる。

それも笑顔でね。

そしたらきっとその人とその言葉に惚れる人が現れて、物語が始まる。

そう、粋な言葉って、物語を始める言葉なんです。

そこから人生が変わっていきますよ。

ぼくが粋な言葉を勉強するのは、嫌な出来事を粋に解決できるといいな、と思っているから。

例えば不愉快な言葉を誰かに投げつけられても、にっこり笑って粋な言葉を返せたらいいなって。

「お前、その三段腹どうにかしろ」って言われたらどうしたらいいか?

それはもう、にっこり笑って「お好きですか?」じゃない?

相手も意表を突かれて、それからにやりとするよ。

それで一気にあなたが好きになる。

粋な返しができたあなた自身も、気持ちいいと思いますよ。

それですっかり粋な返しがやみつきになったりしてね。

もちろん、家族や夫婦の間でも言葉のやりとりは大事ですよ。

思ったこと、感じたことをそのまま相手にぶつけるのは野暮というもの。

言葉をちょっと工夫すると、余計な喧嘩もしなくて済むだろうし、お互い、いつもいい気分でいられますよ。

ついでにちょっと芝居でもしたら、もっといいかもしれない。

ぼくが若い頃は、周りには粋な大人が多かった。

その人たちを見て、粋な言葉を使えるのが大人なんだ、と教わった。

あの頃は江戸っ子がまだ生きていたんですね。

嫌なことにどう対処するか。

そこに、その人の粋さは出ますね。

嫌な去り際にしないし、嫌な別れ方をしない。

相手とまだ付き合い続けたいなら、目の前の嫌なことを最後には感動して泣ける、いい物語のきっかけになるような言葉を発したいものだよね。

引用:ばんざい またね
ポプラ社