書店「読書のすすめ」店主 清水克衛氏『魅力を出す秘訣』

清水克衛 いいため話
画像:http://image.space.rakuten.co.jp/

「あの女優さんって、キラキラしてて、すごいオーラがある。魅力的だよね」

なんてことよく言いますよね。

そういう、人をひきつける魅力っていうのは、どうしたら身につけることができるんでしょう?

その方法は、ズバリ…

「人を喜ばせること」

たったこれだけなんです。

ちょっとその仕組みってのをご説明しましょう。

人間は誰しも「良心」を持っています。

これがとってもよくできていて、「人を喜ばせたら、自分もうれしい」っていう仕組みになっているんですね。

で、この良心の方向にしたがって、どんどんどんどん人を喜ばせるんです。

家族、友達、会社の上司、同僚、恋人…、そうすると自分もうれしいですから、心がだんだん豊かになってきますね。

心が豊かになると、どんどん人は輝いていきます。

すると、人を喜ばせた数がたまってたまって、ある時それがふわっと外側にあふれ出す、そのあふれ出た輝きが、人をひきつけるオーラになるという訳なんです。

俳優さんや、コメディアン、スポーツ選手の方々は、テレビなんかをとおしてたくさんの人を喜ばせているでしょう?

だから、オーラがすごいって言われるんですよね。

でも、ふつうの人も同じです。

周りの人をどんどん喜ばせる生き方をしましょう。

あなたの良心が喜んで、どんどん輝きが増してきますよ。

でも、こんなお話をすると、「人を喜ばせる」なんて、むずかしくてできない、どうやったら人を喜ばせられるかわからない方が、なぜか続出しちゃうんですね(笑)。

人を喜ばせるのって、とっても簡単なんですよ。

そんなこと、本にわざわざ書かなくってもいいって言うくらい、当たり前のことばっかり。

たとえば「いつもニコニコしていること」。

たったそれだけのことでも、本当にそれができている人は、それだけで、とっても魅力的でしょう?

皆さんはね、もっともっと本気で「モテる人」になりましょうよ。

商人っていうのは、同じお客さんに、何度も何度も足を運んでいただくために、どんどん「人を喜ばせる」知恵をしぼっていくんです。

これが「あきんど感覚」なんですね。

「まず先に人を喜ばす」

あきんど感覚で一番大事なポイントっていうのは、この「まず先に」、これなんです。

タネまきと一緒ですよね。

自分から先に「喜び」を配ること。

なのに、タネもまかないうちから「収穫しよう」ってことばかりに気をとられてしまうサラリーマンの人ってけっこう多いんですよ。

逆なんですよね。

引用:清水克衛 著
『まず、人を喜ばせてみよう』プレジデント社